FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

でらブロ、略して、でろ

どうも京寺です、と言う事に最近、恥じらいを感じているが、全裸で神獣ヴァ・ルーダニアのマネをする事には恥じらいを感じていない。

えー、先日、、とうとうヤモリのエサに手を出してしまいました、、 



小さくてワラワラしてるやつは
だいたい牛乳かけて食えば

シリアルとして脳内処理できますけど

ただ
腸的には全然、無理ィ、ってなってます



例えば、砂利とか、

まきびしとかね、



そういったものを踏まえて
お話ししたいのですが


僕は今まで食ってきたものの中で
一番、しんどいのは

豆電球だと思ってましたけど

本当にしんどいのは
5mmくらいのコオロギだと気付きました



小学生のとき、特に思い出とか無いのに

夏休みに無理矢理
書かされる絵日記よりしんどかったです


なんと言っても
あのキチン質、、?と
いうのでしょうかその、、硬い部位


もう目で見て分かるんですけど
人の食い物では無いってこと


僕も分かってはいたんです
視界から脳に伝達された情報が確かに


5mmコオロギを完全に認識した瞬間

「これは食料カテゴリではない。」

で、まとめましたからね!!


でもこの間、皆さんにも話しましたが


うちで飼ってたヤモリが脱走して
もう何ヶ月も発見できてないんです

でも、冷凍庫の中には

そのヤモッティの為に買った
冷凍コオロギとカルシウム粉が入ってて


悲しくて、


いや、あいつは本来
あるべき環境に戻ったんだと思えば

ヤモッティにとって本当の幸福とは

狭いケージの中ではなく
外の世界なんだと、、おも、うぐぐ、、




やもっでぃいいいい!びぇえええええ!!

おおん、おぉおおん、最初に出会ったのは
京寺の家の玄関の壁でしたね

とっさに手元にあった
梅干しとか入れるビンに捕獲して


それから

ウチらめちゃ遊んで暮らしたょね。。
最強のチームゃったょね。。。

でももお
これからわ、それぞれの道を
すすまなきゃだょね。。



ダメだ、私が悲しんでどうする


だいたいケージの蓋を
こじ開けて逃げるって凄いな!!


ヤモッティと京寺の絆もろすぎィ!



という理由から

ヤモッティの飼育セットを片付けてて


色々、ヤモリの飼育方法
調べて揃えたのに、、うう


で、その流れで



僕は、えづきながら
コオロギを食ってるってワケです



なんだろう

肉、とは違うし魚でもない、、、し
米ともちがう、そして
野菜みたいなみずみずしい感じでもない


今までにない感覚、、


いやこれはもう、あれだ

この世の味覚じゃ例えられない



これ、、、これは、、





あっ!


これアレだ、あの、、そう!!!












ゲリョスだコレ



これゲリョスのかさぶた
みたいな味しますわ





※ ゲリョス、下の画像参照
↓↓↓↓↓






ゲリョスって別名
毒怪鳥って言われてるんですけど

そいつの
かさぶたみたいな味します


コオロギ




あ、どうも、僕
京寺です


では!
スポンサーサイト
2015/12/17 Thu. 04:16 | trackback: -- | comment: -- | edit